_MG_1242

 

 

 

 

 

 

 

本当のグルとは・・・

GU・・・闇

RU・・・光

闇も光も見せてくれる人。

 

いいところだけではなく、悪いところ、闇の部分もアプローチしてくれる人。

そんな人を

本当のグルといいます。

 

色々な先生がいます。

本当に色々な先生がいる。

皆さんも人生の中で

色々な先生に色々なことを学んできたことでしょう。

 

私もそうです。

 

その中で

闇を見せてくれた人・・・どのくらいいるでしょうか?

 

私の場合は数えるくらいしかいなかったように思います。

 

闇ってすごいです。本当に闇です。

 

でもね。

闇を人から(先生から)見せてもらうと気付くことがあります。

 

「本当は自分でも気付いていた」

 

そう。本当は知っていたんです。

知っていたけれど見ぬ振りしていたんです。

イヤだから、醜いから、隠しておきたいから。

蓋をしていたんです。

 

本当の自分は気付いています。潜在意識や超意識といわれている領域の自分は。

だからね。

何かにつけてメッセージは来るんです。

 

でも蓋をして見ないように「自分で」してる。

 

だから

本当のグルは内側に、「自分の中にいる」といわれるんのです。

 

自分の中でもどうすることもできなくて

人の手を借りたくて

 

人の手を借りに行くわけです。

ヒーリングだの

占いだの

なんだのかんだのって。

 

「あー心が辛くなってきた!ヨガに行こう!!」

 

っていう方は少ないかもしれない。

でもね

本当にいいヨガの先生は

闇を見せてくれます。そして、そこから光も見せてくれます。

 

だからね。

自分メンテナンスの1つに「ヨガ」を取り入れるっていいと思うんです。

 

ただのエクササイズ的な時間だけではない。

もっともっと深いものが

本当はそこにはあるんです。

 

だからこそヨガの先生として

闇も光も

大切にしていきたいと思うんです。

 

光ばっかりみて

キラキラしている人は苦手です。

その影の部分が見えるから。

(本人はわかっていないor蓋をしてみないようにしている)

闇と繋がって自分を見失っている人も苦手です。

本当にかわいそう。

 

 

 

光も闇も

どっちもあっていい。

それに蓋をしないでほしい。

ただそれだけ。

 

出てきたら

見つめればいい。許せばいい。受け容れればいい。

ただそれだけ。

 

そんなヨガの時間を

全ての人に・・・。