6月21日本日は国際ヨガデーに制定されたようです。

今日はヨガデー!!

みんなでヨガしようぜ!!ヨガをしてみようぜ!!

身体を、心を、自然を感じてみようぜ!!

 

そして同じく本日は私の青い手の日です。

IMG_5317.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KINバースデーではないのですがね。

 

青い手の日です。

そして明日は夏至。

 

なんだかパワー強そうですね。

 

さてさて

女性にとって大切なところ・・・の記事。

今回で4回目になりました。

 

これでまずは一旦終了しようという勢いで書いています。

 

2015年から事実上Annfeelの通常クラスを仲間のママさんにお願いし、私はまた私の道に進んできました。

その中で

色濃く現れてきた現象です。

 

みんなの子宮が危ない?!

 

Annfeelレッスンしているときも、時々話をさせていただいていました。

子宮のこと。生理のこと・・・

 

やっぱり女性にとって、ママにとって必要だと思っています。

 

ただ、それをOOOヨガとして位置づけようとは思っていません。

 

「当たり前」のことだから

 

ちゃんとした女性機能があれば

生理があるのも

妊娠するのも

出産するのも

閉経するのも

 

別に珍しいことではない。

 

心や身体を整えるという役割をヨガでするのならば

生理を快適にすることや

妊娠することや

出産すること

閉経のときだって

辛く苦しまずに自分らしく過ごせるのではないかと思うんです。

 

ずっとずっと考えていました。

自分の身体と向き合っていました。

 

そのおかげさまで

 

私の生理期間は超快適です。

女性としてとってもうれしいこと。

 

生理やだー。面倒くさい~・・・って思っていたけれど

 

逆に

とってもいいデトックスになっています。

 

だからさ。

 

これを伝えていきたい。

 

特にママさんたちもそうだし、もっと若い、

まだ生理になれていない少女達にも伝えていきたい。

 

女性としてとっても大切な身体を向き合う機会として。

 

そんなレッスンを、講座を立ち上げます。

女性としての悩みが少しでも解消されて

 

自分らしく輝くママ、女性になれますように。

そんなお手伝いをさせてください。

 

興味のある方、是非お問い合わせくださいね。