ママのためのヨガ・ワタシのためのヨガ

 

初めてAnnfeelのヨガに起こしくださる方へ

Annfeelのママヨガは「ママのためのヨガ」になります。

「ワタシのためのヨガ」

子連れでもOKです。ワタシnaokoも子連れでレッスンしています。

でも、お子さんと一緒に楽しむヨガではありません。

「ママヨガ」というと「子供と一緒にするヨガ」と連想されることが多くあります。

何度も言いますが

Annfeelのヨガは「ママのためのヨガ」「ワタシのためのヨガ」です。

 

ママおひとりで来てもOK

子連れでもOK

どちらでもやることは同じです。

 

参考

「親子ヨガ」のクラスは

親子で一緒に動くことも行っていきます。

親子で一緒に楽しみたい!という方は

「親子ヨガ」のレッスンに来てくださいね☆

 

子供たちは基本

*頑張っているママを見ている

*子供同士で遊んでいる

*ママにちょっかいかけてくる

*面白そうだったらマネをする

です。

子連れだけれど・・・ママ向けのヨガ。

慣れるまではちょっと大変!!と思うかもしれません。

託児付きのほうが間違いなく楽です。

ただ、私はこのスタイルで丸10年行いたくさんの親子様を見てきました。

 

一時は託児付きヨガを行っているときもありました。

でも

私のところにいらしてくれるママたちが選んだのは

 

この「子連れママヨガスタイル」でした。

 

ヨガは特別なものではなく日常的なものです。

このヨガの時間を子供たちと楽しく過ごせたなら

日常生活でも楽しく過ごせるはずです。

 

自分の「やりたい!」と思って参加したヨガも

子供との時間も

このヨガの時間で両立できるのですから

日々の生活だって

同じようにすればいいんです。

 

「慣れる」までは大変かもしれません。

でもね

子供は案外すぐ慣れます。

 

問題は・・・

 

naoko
「ママ」なんです。

 

ママは何か不都合なことがあると

 

「逃げます」

子連れママの場合、子供に逃げます。

・ちょっとこれキツイからやりたくないな

・今日は気分が乗らないな

・全然できなくて恥ずかしい

・集中できない

・子供が邪魔する

      Etc・・・

 

 

色々なことがヨガのレッスン中に起こります。

 

考えてみよう

・キツイからやりたくない→そんな体にしたのはあなたです。

・気分が乗らない→だからここに来たんじゃないかな?選択したのはあなたです。

・できなくて恥ずかしい→そう思っているのはあなただけです。

・集中できない→あなたの問題です。

・子供が邪魔する→邪魔されても今できること、今やれることをやればいいよね。言い訳しているのはあなたです。

そう。

 

すべて「あなた」の問題であり

「わたし」の問題です。

ヨガはそんな「わたし」のトレーニングです。

 

他の誰かのトレーニングではありません。

他の誰かと比べるものでもありません。

 

 

naoko
すべて「わたし」です。

 

 

私から逃げないでほしい。

 

私のやりたい!と思ってきたこのヨガの場から

何とかしてヨガができるように工夫してほしい。

 

 

naoko
絶対に出来る事、私は知っています☆

そしてこれができるようになると日常生活が、日々の子育てが「楽」になることも知っています。

 

「楽」というと

語弊があるかもしれません。

 

なんでも自分の思い通りになるというわけではありません。

子供が急に「手のかからない良い子」になるわけではありません。

 

naoko

そうだよね。

お互い人間だものね。

子供なんて思い通りになんてならないよ。

なったほうがやばいかもよ!!(笑)

 

「楽」になるって

気持ちが「楽」になるってことかな。と思っています。

 

先ほども言ったように

ここでは自分のやりたかったこと(ここではヨガ)と子供を連れてくることでこの2つを両立させる必要が出てきますね。

両立できたら

日々の生活でも子育てとの両立ができるし

仕事と子育ての両立もできる。

やりたいことと子育ての両立もできる。

 

ママが不安に思うだろうことが

「不安」から「できる」に変わる。ってこと。

 

 

 

気持ちが楽になりませんか??

 

子供を連れて「自分のためのヨガ」をする。

この効果は絶大だと思っています。

 

naoko
「ママのためのヨガ」に私がこだわる理由です。

 

 

「ママが変われば子供も変わる」

そう思いませんか?

 

naoko

私も子連れでレッスンしています。

子供を連れてでも「できる」ことを知っているからです。

子供もそんなママの姿を見て育ちます。

 

 

レッスンに来るママたちはみんなこのハードルを乗り越えて

子供たちと楽しくヨガしています。

勿論、正直言って

 

「今日は全然できなかった~」

と思う日もあると思います。

 

そんな時でも

「ここに来る。ここにいる」ことが大事といってくださっています。

 

そう言うママは本当に「自分らしい子育て」をしています。

 

ママが自分らしくしていると子供たちも自分らしく育ちます。

 

赤ちゃんの時から「1人1人個性あるよね~」と話すくらい

私たちはみんな違います。

 

そんなみんな違うを認め違うを伸ばしていけるように

そんな深い意味を込めてレッスンしています。

 

naoko
これが「ヨガ」です。

 

そして

参考

ママ1人でいらしても

同じようなことが起こることもあります。

「わたし(あなた)から逃げないでほしい」

どんな状況でも実は変わらなかったりします。

 

だから

子連れで来なくても良いです。

子連れで来てもいいです。

 

どちらにしろ

「あなたのためのヨガ」の時間です。

 

naoko
皆さんにお会いできること楽しみにしています。

 

 

NewEntry

Copyright© ママ(ワタシ)のための「親ヨガ」でヨガを「仕事」に , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.