仕事術

「できること」「やりたいこと」「求められていること」

「できること」「やりたいこと」「求められていること」

「ワタシにできることはなんだろう・・・」
「ワタシの得意って?」
良くも悪くも
こういうことを考えることってあると思います。

「自分を活かす」

これを考えた時
やっぱり「得意」にフォーカスしたいよね。
「苦手」は極力避けたい。

「好き」「得意」を伸ばす。
そんな教育にシフトしているっぽい今の教育方針。

「褒めて育てる」っていうのも
「褒める」事で自己肯定感が生まれるわけだし
「褒められる」と自信にもなるし
それが「好き」や「得意」につながっていくことだってある。

だから「褒めて育てる」を実践している、しようとしている
やっている風、そのつもり。の親が多いと思う。

やっぱり

良い部分があれば必ず陰がある。

この褒めて育てる。の陰って何??

「得意なこと」「できること」
その陰に隠れているのは何??

ヨガが「得意」だから「できる」から
仕事にしようと思ったわけではありません

ワタシはそうです。

看護の仕事も得意だからやろうと思ったわけではない。(笑)

じゃあ・・・何??(笑)

自分の今の仕事・役割を考えてみて

「出来るから」「得意だから」で選んでいる??かな??

もちろん
そういう人も沢山いると思う。
でも
それだけではないんじゃないかな。

やりたかったから

ヨガは完璧やりたかった。

もちろん、急に降ってきたんだけど(笑)

「やりたい」しかなかった。
だからさ。
周りなんて気にしていなかった。
特にライバル調査とかしなかったし。

自分が思ったように始めた。
そして今に至ります。

逆に今の方が色々気になります。
だから考えすぎなんだと
昔の自分に言われている(笑)

もっと好きなことしなさい!って(笑)

そう。

「何ができるか」より「何がしたいか」

本当にそれだけなんだと思う。

出来ないものでも続けていれば必ずできるようになるから。
「できること」にこだわる必要はないと思う。

それよりも

「何がしたいか」

それ、本当にしたいことなのか。ということ。

能力的には「できる」
「得意」なことなのかもしれない。
「資格」もある。

だ・け・ど

「本当に、それ、やりたい???」

ってこと。

ないかな??

今、何かが上手くいかない。

そんな時。こうなっていないかみてみたほうがいい。

そして
本当に「やりたいこと」なのであればやればいい。
やりたくないことだと気づいたらやめればいい。

「やりたいこと」なら「自信がない」なら自信をつけられるでしょ??
自信をつけられるようなことができるでしょ??
学び直したり、練習したり、自分で実践したり・・・
自分にとって何が足りないのか。
そのために
何ができるのか。
ただそれだけなんだよね。

とってもシンプル。

それができないなら・・・何で??
本当に「やりたいの??」
と再度問いてみたらいい。

何ができなくさせているのか。

何に執着しているのか。

仕事をする上で
コンサルティングでもまずはここです。
日常生活でも
子供との会話でも、まずはここです。

そうなると必ず出てくることがあります。

OOさんの方が・・・「他人と比較する」

やりませんか??
やりますね(笑)

自分よりも人の方がよ~~~~く見えます。

「先生にはかなわない」
「OOさんに教えていただいたものだから」
「OOさんの方が・・・」
「OOさんに気を使う」
「師匠の目が」

?????

「逃避」

ですかね??

自分で仕事をするのなら
こんな風に思っている時点でアウトです。

絶対無理。

断言できる。

やるときはやるんです。
やりたければやるんです。
有無を言わず。

そのくらいの「強さ」がないとやっていけません。

よね??
そう思わない?

できないなら雇ってもらったほうがいい。
自分では無理です。

そのくらいやりたいこと。

そして
自分の商品サービスが「素晴らしいもの」と言えること。

ここも大切だよね??

そう。これも多い。

「自分の商品サービスに自信がない」

自信がない商品サービスは売らないでください。
というか
「売れません(笑)」よね?

自分がお客の立場だったら嫌じゃない?!?!

自信がない商品サービス購入するの。

いや。そういうのもあるよ。
やってみて、買ってみて失敗した~~っていう事も。

そんな商品サービスを自分は売るのか。ってことでしょ。
良心がある人はやらないよね。

自分の商品サービスに自信を持つ。
というか
自信がある商品サービスを売る。
ただそれだけ。

じゃないと無理。

邪魔が入るとき

なんかうまくいかない・・・

いわゆる「邪魔が入る」ってことも含めてね。

邪魔しているのは他の誰かかもしれないけど
それを誘導しているには間違いなく

「自分」だという事。

わかるかな??

神様の仕業でもなんでもないわけで。
そうなる運命だったと言われればそれまでだけど

結局
自分がそうしている。
自分で操作している。ってこと。

根本的に
自分に自信がなく、人と比べ、自分の商品サービスにも自信が持てない場合

周りが色々と動いてくれるように無意識に仕向けている。
んじゃない??ってこと。

アナタの姿や言動を聞いて
あ~自信がないんだな~。そんなんならやめればいいのに。と思った
ご主人や子供たちが

体調崩してくれたり
何か事を起こしてくれたり
「こんなのもあるよ?」と違う手を教えてくれたり
転勤が決まったり
大げんかしたり

やめる方向に向けてくれたりする(笑)

子供達だって同じこと。

本当にやりたいことは何が何でもやるから。
そして
それに付き合わなければならない状況になるから(笑)

だから
自分だってそうなれるはず。
そうなれないってことは

そういう事。
間違いなく自分に問題がある。
そうだよね😊

もう1つ忘れてはならないこと

ワタシは「何ができるのか」よりも「何をしたいか」

これは本当に大切。

でもね。

アナタがしたい事を「お客様」が「求めていない」状態だったら??

売れませんよね(笑)

どんなに素敵な商品でも
めっちゃ自信があっていいものだと思っても

「こういう商品は求めていません」

という状態なら「売れない」という事。わかりますか??

何を求められているか

お客様は何を求めているのか。

社会は何を求めているのか。

これを無視することはできないですよね。

じゃないと

独りよがりになりますね(笑)

色々あるかもしれないけれど

ワタシ達はこの「社会」で生活しています。

「社会」を無視することはできないのです。

社会を無視して生活するということは??

人里離れて山にこもって一人で生きるようなものですよね。

自分の好きな人だけで小さな集落をつくってそこだけで暮らす。
それもありかもしれないけど
それでもこの日本に生きている限り
日本の法律に従って生きていかなければならない。

それが社会生活です。

ルールは破るもの。なんて言われることもあるけれど
社会を作って生活するにはルールは必要。

そういう意味で

やりたいことだけする~💖
好きな人にだけ囲まれる~💖

これって

「逃避」です。

逃げ。

逃げたら追われます。

何に逃げているのかな?

ワタシがしたい事。アナタが求めていること。

これが一致して初めて「仕事」になります。

アナタの商品サービスは求められているモノなのか。

雇われている人も「ワタシ」という商品は求められているのか。

仕事に合った・給料に見合ったことができているのか。

「給料が安い」と嘆く前に考えてみたらいかがでしょう?
アナタの価値はその給料よりも高いですか?
高いのなら
交渉の余地はあるし、仕事変えたっていいですよね(笑)
そこにとどまろうとする理由は何ですか?
文句あるのに・・・そこにいようとする理由。

何かな?(笑)

今、求められていること

ワタシは承知の通り
ヨガやボディワークという

「身体」に関することを仕事にしています。

「健康を保つ」
「元気になる」
「痛みが良くなる」
「症状が緩和する」
「症状が改善する」
「悩みが改善する」
「不具合を無くす」
「悩みが改善する」

人それぞれ色々な悩みや不調があり、それに対応する。

こういう商品サービスは沢山あります。

ヨガインストラクターだって星の数ほどいます。

星の数ほどいるインストラクターさん達を気にしていたら・・・

ちょっとメンタル持ちませんね(笑)
だから
目につく人が気になる。っていうだけなんです。所詮。

ワタシは自分のサービスに自信があります。

だけど
それがわかる人とわからない人がいることも知っています。

「人にやってもらいたい」人なのか

「自分で改善したい」と思う人なのか

ここは大きな違いです。

商売的には前者「ひとにやってもらいたい」人を相手にしたほうが儲かります。

マッサージしてもらって
ちょっと良くなって
また痛くなって
マッサージにきてくれるから。

「効果」はあるけど「改善」しない。

ワタシがやるのは「改善」する方法をお伝えしています。

もちろん
「効果」もあるけど「改善」する方法をお持ち帰りしていただきます。

これには「気付き」が必要で

「気付きがない」人には時間がかかるわけです。

「気付こうとしているか」というのも大事。

「気付こうとしなう人」はなぜ気付こうとしないかを紐解くことから始まります。

なので「時間がかかる」わけです。

でも必ず改善します。

「気付く」から。

はっきり言って
これを求めている人は少ないです。

現代人「早く良くなる、値段も安い」が求めがちなので(笑)

「良くなりたいです!!」と言われても

「それなら無理です!」
「そこまでしてやりたいことではありません」
「それなら痛くなったら対処する方法を選びます」と諦める人の方が多いです。

だから「薬」は本当に使いやすいのです。
信用も高いですよね(笑)

でも
ワタシのサービスを求めている人もいるわけです。

だって本当に「人生変わった」という人もいるんだから。

長年悩まされていた痛みが改善した
病気が改善した
メンタルの効果

これは本当にすごいものがあります。

その上で

「どこにアプローチするか」

という事も重要な要素になりますね😊

「あなたのお客様はどこにいますか??」
「どんな人がお客様ですか??」

という事です。

ペルソナさんって人ですね。

今日はお仕事のお話。

お仕事のお話だけど
色々なところに通ずるお話。

待ちに待った絵本が出ました!!

今なら440円で購入できます(o^―^o)ニコ

このクオリティでこの価格は安すぎる・・・💖

そういう商品もあるという事です。

「高い」「安い」の感覚も人それぞれ。

これも面白いんだよね~!

それはまた今度😊

https://annfeel.com/sekaisan/

今月募集月です💛

NewEntry

-仕事術

Copyright© 「ヨガと絵本のじかん」ヨガとボディワークと絵本のオリジナルレッスン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.